ひとりひとりの水辺の実現に向けて

■春に向けて"Tripod+"動き始めています。

クランピングは欄干や柵といった境界を寄り付ける止まり木に変える取り組みですが、何よりもホームセンターで素材(クランプと板)を買えば用意が揃うというのがミソです。その思想を引き継ぐ形で三脚を使った企画を始めたいと思っています。どこにでもある(何なら家にある)三脚(Tripod)の役割を拡張(+)させようという企みです。手軽に持ち運べて自立できる"脚"に何をプラスさせるのか。公共の場所を私の場所に変えるために、どう「自分なりの演出」を果たすのか…。


以下は絶賛試行錯誤中の様子です。

132309529_114688837084538_8890274244547458872_n.jpg

132181358_217054043216805_6654616043788278964_n.jpg

132481388_151621443052740_3917640274973954242_n.jpg

132174319_185759506585507_6779020526838099076_n.jpg

132191010_3849783841722139_7006931281382055467_n.jpg

2020年12月22日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 01:11 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水辺会議実施しました。

2020年10月23日にこども本の森 中之島のエントランスピロティにて川面を眺めながら水辺会議を行いました。

2020年10月30日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 00:00 | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

|||||||||||||| 水辺通信 2020_10月号 ||||||||||||||||||||||

|||||||||||||| 水辺通信 2020_10月号 ||||||||||||||||||||||

目次

■水辺のレストランを実施しました。
■今月の水辺通信情報
■ご来光カフェが実施されています。





■水辺のレストランを実施しました。

前号でお知らせした「水辺のレストラン」が予定通り、9月16日水の日に開催されました。夕方から深夜まで、厳しかった夏の終わりを感じながら、若手レストランユニットによる全8品から成るフルコースとペアリングワインを堪能しました。

⇒当日の様子はこちら
 http://mizube-life.seesaa.net/article/477684559.html

120272589_3258103604224817_7376189933039073397_n.jpg

■今月の水辺不動産情報

 1.ザ・リノベ向き中古マンション【城東運河】
 https://www.mizube-fudosan.com/syosai.php?id=10558

 2.存在しないはずの部屋【大川】
 https://www.mizube-fudosan.com/syosai.php?id=10557

 3.抜群に抜けているメゾネット【道頓堀川】
 https://www.mizube-fudosan.com/syosai.php?id=10553

 4.庭付き!?水辺の最少区画【大川】
 https://www.mizube-fudosan.com/syosai.php?id=10412


■ご来光カフェが実施されています。

淀屋橋からご来光(日の出)が拝める1年のほんのひと時に
着目した早朝限定営業のカフェ「ご来光カフェ」が開催されています。
毎年テレビや新聞などにも取り上げられ、すっかり大人気となり、
日によっては行列が生じることもありますが、心配はご無用。、
ご来光カフェが行われている淀屋橋近辺はとても気持ちのいい川沿いや
公園がすぐ近くにあります。もし、満席や人混みが気になる場合は、
近くのベンチや芝生に腰かけて、マイ「ご来光カフェ」を楽しんでみてください。
ご来光カフェは単なる「お店」ではなく、
私たちの都市生活の幅を広げてくれる「きっかけ」なのかもしれません。

今年は前半と後半の二週制、本日より後半がスタートしています

⇒詳しくはこちら
 http://www.tabiclub.org/event/cafe.html


・次回「水辺通信」は、2020年11月配信予定
・通信の送信希望や停止、水辺情報の提供は以下アドレスまで
 mizube@suito-osaka.net


|||||||||||| 水辺のまち再生プロジェクト |||||||||||||
        http://www.suito-osaka.net

2020年10月01日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 12:30 | 水辺通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする