ひとりひとりの水辺の実現に向けて

幕末忍者キッズクルーズ、実施しました。

キテ・ミテ中之島2017プログラムの大阪水上バスさんイベント「幕末忍者キッズクルーズ」が全クルーズ満席にて無事に催行されました。今年は劇団「虹色結社」の二人とフリーの女優さん、さらにはみずのみやこちゃんが出演する物語仕立ての豪華な内容となりました。

スタート直後にクルーズのナビゲーターだったハズのみやこちゃんがさらわれ、船で手掛かりを探しながら陸上から襲い掛かる敵忍者と戦い、着岸ポイントでは悪に心を奪われたみやこちゃんと戦うことになる見習い忍者ご一行。無事にみやこちゃんを改心させたあと、ラスボスの待つ地下通路にたどり着き、手裏剣で悪を退治したのでした…。

川沿いのビルの方々にご協力をいただき、まちと川が一体となったクルーズイベントとなりました。それにしても、クルーズ中に出会いすれ違うまちの方のノリの良いこと!優しいこと!

忍者クルーズ (3).JPG

忍者クルーズ (4).JPG

忍者.JPG

忍者クルーズ (5).JPG

忍者クルーズ (2).JPG

2017年07月03日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 00:00 | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水辺ダイナー@ほたるまち、実施しました(2017年6月)

6月の水辺ダイナー。ゲストにも声をかけてみんなでほたるまちに集合します。

ほたるまちは渡辺橋駅から徒歩5分、堂島川に面して面開発された複合施設ですが、合わせて整備された前面道路の3分の1が駐車車両を避けるためかガードレールで仕切られてしまっています。道路の整備費用ももったいなければ、それに上乗りして設置したガードレール費用ももったいない…。さらに皮肉なことにそうやって生み出された空間は結局のところ誰にも使われていません。車を避けるためのガードレールの内側で、かつまともなアプローチがないので誰も通らないこの線形の空間にテーブル置いて水辺ダイナーを実施しました。

19時頃からポツポツと集まり始め、最終的にテーブルを囲んだのは7人。飲み物係3名で1本ずつワインを、料理係は2名で、瓶で小分けにしたアミューズやタッパに盛って取り分けられる肉料理。1人1枚の取り皿とフォークナイフをうまく使いながら、東西に抜ける風と目の前の堂島川をスパイスにつかの間のダイナーを楽しみました。

19114016_1341414692560394_6329236968748987739_n.jpg

水辺ダイナー (3).JPG

水辺ダイナー (1).JPG

道路交通法 第七十六条
3  何人も、交通の妨害となるような方法で物件をみだりに道路に置いてはならない。
4  何人も、次の各号に掲げる行為は、してはならない。
 一  道路において、酒に酔つて交通の妨害となるような程度にふらつくこと。
 二  道路において、交通の妨害となるような方法で寝そべり、すわり、しやがみ、又は立ちどまつていること。

2017年06月25日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 14:47 | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

|||||||||||||| 水辺通信 2017_5月号増刊号 ||||||||||||||||||||||

この水辺通信は、
「水辺のまち再生プロジェクト」が発行しています。

|||||||||||||| 水辺通信 2017_5月号増刊号 ||||||||||||||||||||||

目次

■【水都号アクアミニ「幕末忍者キッズクルーズ」】告知PVご覧ください。
■NO BORDER, BE WILD. ウェブサイト"URBAN WILDNESS"オープンしました。

こんにちは、水辺のまち再生プロジェクトの笹尾です。

もはや夏の気配を感じる5月の下旬ですが、都会の公園、中之島公園や
てんしば、靱公園にはたくさんの人が集まっています。その様子も様々で、
ピクニックの人を中心に、日焼けをしたり、グループでヨガを楽しんだり、
ボール遊びをしたり、公園に色んなことを求めて色んな人が集まっています。
「何か外で過ごしたい」「外に持ち出したい」と思ったときに公園という
選択肢はもうどんどん当たり前になりつつあるように感じました。
DSC_3828.JPG

となると、次は「外で過ごそう」「まちなかで過ごそう」となったときに、
公園以外のどこでどういう風に過ごすことができるか、というのが
ポイントになっていくのかも知れません。

それでは、今月の水辺通信です!


■【水都号アクアミニ「幕末忍者キッズクルーズ」】告知PVご覧ください。

6月4日(日)、18日(日)に実施される【水都号アクアミニ「幕末忍者キッズクルーズ」】の
プロモーションビデオが公開されました。
年々、精度が上がっている本企画、今年はついに告知用PVまで完成しました。
6月18日(日)午後にはスピンオフとして大人向けクルーズも構想中。

Produced by "Amitights". 是非ご覧の上でご参加ご検討ください!
https://www.youtube.com/watch?v=qv6z_udbFwk

申込等、イベントについて詳しくはこちら
http://www.keihan.co.jp/traffic/kitemite/workshop.html



■NO BORDER, BE WILD. ウェブサイト"URBAN WILDNESS"オープンしました。

都市で遊ぶ野生を取り戻し、都市に当たり前の風景のように居るための
私たちのコアプロジェクトのウェブサイト”URBAN WILDNESS"をオープンしました。

私たちは、ルール化に陥らない秩序のある社会を善しとし、
都市をもっと私的に、自由に、使い合うことを善しとします。

NO BORDER, BE WILD.
https://urbanoutdoorweeks.jimdo.com/




・次回「水辺通信」は、2017年06月配信予定
・通信の送信希望や停止、水辺情報の提供は以下アドレスまで
 info@suito-osaka.net


|||||||||||| 水辺のまち再生プロジェクト |||||||||||||
        http://www.suito-osaka.net

2017年05月28日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 12:49 | 水辺通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする