ひとりひとりの水辺の実現に向けて

PUBLICSHIP SCHOOL 2019、第一回目のプログラムを実施します!

去年ミリメーターさんを迎えて実施した「PUBLICSHIP SCHOOL 2018」。2019年度は全3回のプログラムで企画を進めていますが、その第1回として「CLAMPING WEEK」を行います。

56222397_342169146433316_2169212299867324416_n.png
PDF版のダウンロードはこちら

publicship-school-2019-flyer-ura.jpg
PDF版のダウンロードはこちら

”CLAMPING”…
ものを固定するための道具「クランプ」を用いて、柵や手摺りなど人を寄り付かせないための「まちの境界線」を、束の間の「止まり木」に変えて自分の居心地をつくる行為。ベーシックな使用方法としては2 本のクランプに板を渡してカウンターテーブルとして使用します。

29683406_1607855249249669_1557095174028558627_n.jpg30849286_1647173095366089_1888611420_o.jpgクランピング (9)_かき氷カウンター - コピー.jpgクランピング  (6).jpg

参加者それぞれが“myクランピング”を製作し、私たちを含めて色んな場所で試してみる7日間。どんな場所で、どんな過ごし方をしたか、その記録を参加者間で共有しながら、まちのスキマの可能性をリアルタイムで掘り下げていきましょう。 まちに散らばる小さなスキマを自分の居心地に変えるフィールドリサーチ。

全国どこからでもご参加いただけます。ご一緒いただける方はぜひご参加ください。申し込み、お待ちしています!


《概要》
期間  5月22日(水)〜28日(火) ※コア期間
場所  参加者個々が暮らすまち
内容  申し込み後、非公開で立ち上げたウェブ上のミーテイングルームに参加します
    レシピ(公開予定)を参考にmyクランピングを製作します 4/24(水)〜5/21(火)
    クランピングを7日間毎日行い、その都度参加者間でシェアします 5/22(水)〜28(火)
参加費 1,000円(ウェブグループへの参加およびレポート冊子の配布を含みます)
申込先  publicshipschool@gmail.com
運営者 PUBLICSHIP SCHOOL 2019実行委員会


《PUBLICSHIP SCHOOL 2019について》
私たちは、「公共空間の自由使用」の重要性を見出し、その可能性を広げることによって、「自分でしたいことを見出し、実施・継続できる」生活文化の醸成を目指しています。PUBLICSHIP SCHOOL 2019 は、そのための個々の知性と身体性を高めるための鍛錬を「ツールの製作」「講義」「ディスカッション」「体験」「フィードバック」を組み合わせながら行う体験型のトレーニングプログラムです。

2019年03月24日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 15:03 | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

|||||||||||||| 水辺通信 2019_1月号 ||||||||||||||||||||||

|||||||||||||| 水辺通信 2019_1月号 ||||||||||||||||||||||

目次

■"NO BORDER, BE WILD 2018 Review" 作成中。情報お寄せください!
■今月の水辺不動産情報

こんにちは、水辺のまち再生プロジェクトの笹尾です。
今年もよろしくお願いいたします。

去年の秋に話題になった「南青山の児童相談所計画」に加えて、ここ数日は「京都市の救護施設計画」が話題になっています。
どちらのケースでも、整備・運営する行政・事業者側と受け入れる地域住民との不和が生じています。
「自分がそうなったら…」とそれぞれの立場を想像してみると、それぞれの主張が理解できるだけに、「相手に折れてもらう」のは難しい問題だなぁと思っているのですが、
ふと、自分がずっと「こちら側」にいて「あちら側」になることはない、と決めつけてディスカッションすることの危うさについて考える機会にもなりました。
自分も相手も「利害関係者」であると同時に「当事者」として議論のテーブルにつくことが望まれる場合もあるのかもしれないと思いました。

それでは、今月の水辺通信です!


■"NO BORDER, BE WILD 2018 Review" 作成中。情報お寄せください!

私たちの活動「水辺ダイナー」「クランピング」の実践記録と、まちで見かけた公共空間を自由に使っている先駆的実践者について取りまとめる年鑑冊子"NO BORDER, BE WILD 2018 Review" を作成していますが、私たちが見つけた"NO BORDER, BE WILD"以外にもたくさんの先駆的実践者がまちには居ます。
そこで、みなさんの「やったよ!」「見かけたよ!」の情報を教えていただけないでしょうか。
冊子は完成したらまたお知らせしますが、さらに分厚いものになれば尚良しと思っています。
《2月9日(土)》を目処に、去年作成した"NO BORDER, BE WILD 2017 Review"をご参考に写真と簡単な文章をお送りいただければありがたいです!

去年作成した"NO BORDER, BE WILD 2017 Review"はこちら
http://mizube-life.seesaa.net/article/456521324.html

DSC_3900 - コピー.JPG

■今月の水辺不動産情報

【賃貸物件情報】

 □川に浮かぶ部屋(土佐堀川)
  http://minfudo.com/syosai.php?id=10523
 
 □大阪城が迎えてくれる部屋(寝屋川)
  http://minfudo.com/syosai.php?id=10208

 □文化財の町家をリノベーションした店舗(石川・河内長野)
  http://minfudo.com/syosai.php?id=10511

【管理物件募集】

  私たちは、水辺のまちを考えながら、そこにある不動産を効果的に活用する管理を得意としています。ご相談お待ちしています!
  ex.)ビル・リバーセンター(天満橋・大川)、忠次郎ビル(北浜・土佐堀川)、瓦町町家(堺筋本町・東横堀川)


・次回「水辺通信」は、2019年2月配信予定
・通信の送信希望や停止、水辺情報の提供は以下アドレスまで
 mizube@suito-osaka.net


|||||||||||| 水辺のまち再生プロジェクト |||||||||||||
        http://www.suito-osaka.net

2019年01月24日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 13:51 | 水辺通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

|||||||||||||| 水辺通信 2018_11月号 ||||||||||||||||||||||

■見果てぬ夢の途中

舟が着く小料理屋で顔を合わせる水辺の街を妄想して始まった北浜テラス。成長にはまだまだ時間がかかりますが、光りだしました^_^


■今月の水辺不動産情報

 □文化財の町家でパン屋さん募集【河内長野石川】
  mizube-fudosan.com/syosai.php?id=10511



 □部屋に寝転んで川面が見える部屋【大阪市北区大川】
  http://mizube-fudosan.com/syosai.php?id=10243

□まもなく北浜で新しいオフィス・店舗区画をリリースします。

 □求む!水辺不動産情報
水辺でアンティークショップ開業希望の方、大阪転勤で住まいを水辺に求めたい方など、最近水辺の物件を希望されるお客様が再び増えてきています。皆さまからの水辺不動産情報もお待ちしております。
  

・次回「水辺通信」は、2018年12月配信予定
・通信の送信希望や停止、水辺情報の提供は以下アドレスまで
 mizube@suito-osaka.net


|||||||||||| 水辺のまち再生プロジェクト |||||||||||||
        http://www.suito-osaka.net

2018年11月26日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 21:05 | 水辺通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする