ひとりひとりの水辺の実現に向けて

PUBLICSHIP SCHOOL 2019 第二回のテーマーは「0円ショップ」

「PUBLICSHIP SCHOOL 2019」第2回目のプログラムは、国立駅前を中心に全国に広がりを見せている路上の不用品放出市「0円ショップ」を題材に実施します。

publicship-school-2019-flyer_0en-v3-resize.jpg

publicship-school-2019-flyer_0en-v3-resize_2.jpg

PDF版のダウンロードはこちら


今回は、「くにたち0円ショップ」より鶴見済さんを講師にお招きします。

 参考ウェブサイトその1
 参考ウェブサイトその2
 参考ウェブサイトその3※有料
 参考ウェブサイトその4※有料

9月29日(日)の実施当日は、0円ショップの実践を通じて自らまちを彩る登場人物になり、見知らぬ人との束の間の関係を持つことを体験し、無関係だった社会が実際は自分の日常のすぐ傍にあることを肌感覚として感じていただければと思います。加えて、0円ショップにまつわる考え方に触れてそのノウハウを身に付けながら、「フリーマーケットと何が違うのか」「公共空間で自由使用として定期継続的に取り組む意味が何なのか」鶴見さんと一緒に考えてみたいと思います。

大阪市内の各地に0円ショップをゲリラ的に出現させる取り組みでもあります。参加申し込み、お待ちしています。


《概要》
期間  9月1日(日)〜29日(日) ※1日〜28日は準備期間、実施当日は9月29日
場所  丼池繊維会館に集合
内容  9月1日(日)〜28日(土)
     ウェブグループ参加、ヒントブックなど資料共有
     当日までの準備(不用品の収集、場所の検討など)
    9月29日(日)実施当日 11時30分〜17時30分(予定)
     鶴見さんのレクチャー、0円ショップの実施(グループになって)、
     フィードバック、等
参加費 5,000円
申込先 publicshipschool@gmail.com
    ※名前、メールアドレス、電話番号を添えてください。
締切  8月31日(土)
運営者 PUBLICSHIP SCHOOL 2019実行委員会


《PUBLICSHIP SCHOOL 2019について》
私たちは、「公共空間の自由使用」の重要性を見出し、その可能性を広げることによって、「自分でしたいことを見出し、実施・継続できる」生活文化の醸成を目指しています。PUBLICSHIP SCHOOL 2019 は、そのための個々の知性と身体性を高めるための鍛錬を「ツールの製作」「講義」「ディスカッション」「体験」「フィードバック」を組み合わせながら行う体験型のトレーニングプログラムです。


2019年07月22日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 21:33 | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【実施報告】PUBLCSHIP SCHOOL 2019 CLAMPING WEEK

第一回「CLAMPING WEEK」は、19名の方に参加いただき、5月22日〜5月28日の一週間、大都市から地方都市、山間地に至るまで、全国各地でクランピングを実践しました。

用いるクランプや付帯物、取り付け方や過ごし方について参加者が個々に思考を巡らせ、都市のスキマを日々の生活の延長線上にどうインサートするのか、クランピングを通じて試行しました。

ここからは実施状況のスナップをダイジェストでご紹介。
末尾には参加いただいた方の振り返り(感想)についてもご紹介します。

61877731_2277350785666707_5547347023272869888_o.jpg

61675212_10156562784933163_3387091516924100608_o.jpg

NY2.jpg

61598781_10220294143450690_2582069673327591424_o.jpg

61841308_10156562784363163_3003595755375034368_o.jpg

61677528_2681993525148332_2602701579526078464_n.jpg

61437551_2363800033681270_7606635283081068544_n.jpg

61434657_2228455910565917_5634520823428546560_n.jpg

61098738_1337442579726794_8910747006670995456_o.jpg

61146962_2374683826120677_4145113572055187456_o.jpg

61291641_10220268871498907_2222201106694406144_o.jpg

61288932_2253053741439184_1020146327272554496_n.jpg

61268986_2096750023757166_7889329815755423744_n.jpg

61427555_2230425397035635_7942579941277696_n.jpg

61146735_1346038292218642_4602112952936431616_n.jpg

61146563_891839001155660_7732948029283500032_n.jpg

61165050_2230973960314112_844904729518538752_n.jpg

61395863_896075057398721_8699799391575212032_n.jpg

60987784_2248907051853853_156169039561883648_o.jpg

NY1.jpg

60954652_2244977338913491_2402016483841409024_o.jpg

60972333_1103379209871405_6572833489542971392_n.jpg

61049963_1101372330072093_5200575787610144768_n.jpg

60947195_2222811601130348_7151445625324699648_n.jpg

60976547_2268842829850836_5444332172548767744_n.jpg

60964367_2096749893757179_2031142106461896704_n.jpg

61054512_2210927708985388_2026932248237834240_n.jpg

60963677_2250296215048270_6233480830631542784_n.jpg

61068011_1102000930009233_7009535035371945984_n.jpg

60856490_1101382630071063_2533289805601570816_o.jpg

60926193_2244977515580140_6405084453646893056_o.jpg

60827495_10220278542020664_6842926858753802240_o.jpg

60826415_893981577608069_7332899906157281280_n.jpg

60822060_2674801795867505_8529237263769403392_n.jpg

60836886_1102569169952409_8881114420978122752_n.jpg

60805633_2405481802823315_104096310604333056_n.jpg

60835929_2226374514107390_635351832037687296_n.jpg

60812044_891839051155655_4771353106988400640_n.jpg

60921125_2225485494196292_8887858322791727104_n.jpg

60750511_1332995413504844_2267883761834131456_o.jpg

60760892_1334478220023230_1848092245278851072_o.jpg

60521636_2373711279551265_1866385279791661056_o.jpg

60707257_10156548184298163_6044919877867667456_o.jpg

60685782_10156546855433163_1093830262216720384_o.jpg

60801205_2407937255940646_368546114263056384_n.jpg

60463259_2265622166839569_4083847328161595392_n.jpg

60757358_2204632286281597_6640910726934298624_n.jpg

60720216_2267545136647272_4276514523063517184_n.jpg

60253674_892497344423159_5665769154343337984_n.jpg



・クランピングは何の変哲のないところでも友達と集まってワイワイできるところが良い。
・否定的なものの見方をする人は、「公共的な場所で個人的なものをつけたり私的な行為を行ったら怒られるのでは?」と思っているのかも。
・まちに多様なアクティビティが生まれる可能性を感じた。
・公共的な場所にありながら禁止ばかりで何もできない場所があることが気になっていたが、アクションできる機会になった。
・まちの使いこなしの強者、猛者が目に入るようになった。
・公共の手すりのバリエーションを知ることができた。
・「公園に禁止事項が多いってどうなんやろう?」という問題意識に対して、自ら実践することを自分に課す機会になった。
・やる本人が良いと思ってやればいいし、仮にダメと言われればやめればいいだけの話。でも結局誰からも止められない。
・一人でやるには心細いが、何人かでいると1〜2時間平気で居られる。
・人通りが少ないという点で、高い橋が居心地いいなぁと感じた
・最初はクランピングにビクビクしていた連れが、後半は自ら挟みに行っていたのが印象的でした。
・一人で居られる空間が気持ちいい。わざわざ行かない(人が来ない)場所を見つけてそこを楽しむのがいい。
・クランピングできるか考えながら歩くことが普段使われていないまちの片隅・スキマをあぶりだすフィルターになった。
・クランピングに対する反応を通じて人の価値観を見透かすフィルターにもなった。
・リビングでしているようなことを持ち出すのは無理なく確実に気持ちよかった。
・クランピングを「NGだ」とわざわざ禁止する行政もまさかいないだろう。というぐらいの程度の行為。
・どこにクランプできるか考えるのが楽しかった。
・「0から作る」のではなく「既にあるもの」を使って目的を果たせる様が自分に合っていた。
・周りの人は自分たちのことを見ているようで見ていないと感じた。
・クランピングは洒落たものを置けば置くほど上品にすることができる。缶で飲むか瓶で飲むかでも違うと感じた。
・まちには「人が集まる場所」が増えている一方で「場所を使う人」がアップデートされていないと感じた。
・「自分たちはこの瞬間、他の人よりもめちゃくちゃ豊かで文化的なことをしている」と付き合ってくれた友達が言っていた。
・クランピングは周りに対して及ぼす影響が小さく違和感が少ないと思った。
・クランピングできそうかどうか、どういうスタイルでできるかを考えることで、個々のまちの違いについて考える機会・知る機会になった。
・クランピングは、「私的な楽しみ」としての性格がある。
・時間が経つと、自分たちがじわーと空間に馴染んでいっているのを感じた。
・クランピングしながら見える景色をきっかけに景観について考えるようになった。
・ まちの面白い使い方を気づいてもらうのに、周りの人も誘いやすかった。
・意外や特に衆目からは特に感じなかった。気づかれにくいのかもしれない。

2019年06月08日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 00:00 | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PUBLICSHIP SCHOOL 2019、第一回目のプログラムを実施します!

去年ミリメーターさんを迎えて実施した「PUBLICSHIP SCHOOL 2018」。2019年度は全3回のプログラムで企画を進めていますが、その第1回として「CLAMPING WEEK」を行います。

56222397_342169146433316_2169212299867324416_n.png
PDF版のダウンロードはこちら

publicship-school-2019-flyer-ura.jpg
PDF版のダウンロードはこちら

”CLAMPING”…
ものを固定するための道具「クランプ」を用いて、柵や手摺りなど人を寄り付かせないための「まちの境界線」を、束の間の「止まり木」に変えて自分の居心地をつくる行為。ベーシックな使用方法としては2 本のクランプに板を渡してカウンターテーブルとして使用します。

29683406_1607855249249669_1557095174028558627_n.jpg30849286_1647173095366089_1888611420_o.jpgクランピング (9)_かき氷カウンター - コピー.jpgクランピング  (6).jpg

参加者それぞれが“myクランピング”を製作し、私たちを含めて色んな場所で試してみる7日間。どんな場所で、どんな過ごし方をしたか、その記録を参加者間で共有しながら、まちのスキマの可能性をリアルタイムで掘り下げていきましょう。 まちに散らばる小さなスキマを自分の居心地に変えるフィールドリサーチ。

全国どこからでもご参加いただけます。ご一緒いただける方はぜひご参加ください。申し込み、お待ちしています!


《概要》
期間  5月22日(水)〜28日(火) ※コア期間
場所  参加者個々が暮らすまち
内容  申し込み後、非公開で立ち上げたウェブ上のミーテイングルームに参加します
    レシピ(公開予定)を参考にmyクランピングを製作します 4/24(水)〜5/21(火)
    クランピングを7日間毎日行い、その都度参加者間でシェアします 5/22(水)〜28(火)
参加費 1,000円(ウェブグループへの参加およびレポート冊子の配布を含みます)
申込先  publicshipschool@gmail.com
運営者 PUBLICSHIP SCHOOL 2019実行委員会


《PUBLICSHIP SCHOOL 2019について》
私たちは、「公共空間の自由使用」の重要性を見出し、その可能性を広げることによって、「自分でしたいことを見出し、実施・継続できる」生活文化の醸成を目指しています。PUBLICSHIP SCHOOL 2019 は、そのための個々の知性と身体性を高めるための鍛錬を「ツールの製作」「講義」「ディスカッション」「体験」「フィードバック」を組み合わせながら行う体験型のトレーニングプログラムです。

2019年03月24日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 15:03 | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。