ひとりひとりの水辺の実現に向けて

水辺ダイナー@公会堂前、実施しました(2017年8月)

公会堂ダイナー (2).jpg

「公会堂の目の前」という程度は決めていたのですが、実際にどこにするか…。僕ららしい場所…、ということで正面の水上劇場前の広場も迷ったんですが少し攻めてみて歩道脇のくぼみのうちの1つですることに。

中之島_中央公会堂周辺のスキマ (12).JPG

近くにある同じような形状の歩道(堂島川右岸の地裁前)を見ていると、このくぼみにはベンチが整備されているんです。そういう意味では、本質的に道路上の休憩(滞留)スペースとして設けられたんだろうなぁと考えてもそんなに違和感はなさそうです。

片側には堂島川と橋(水晶橋と鉾流橋)、片側には公会堂というぜいたくなロケーション。街灯の明かりは充分とは言えず蚊も茂みから出てくるので手ぶらでOKな条件ではありませんでしたが、淀屋橋から歩いてすぐの立地で公会堂の目の前で水辺ダイナーができるというのは、都心の醍醐味を感じるには充分でした。

公会堂ダイナー (3).jpg

公会堂ダイナー.JPG


河川法 特に無し
道路交通法 第七十六条
3  何人も、交通の妨害となるような方法で物件をみだりに道路に置いてはならない。
4  何人も、次の各号に掲げる行為は、してはならない。
 一  道路において、酒に酔つて交通の妨害となるような程度にふらつくこと。
 二  道路において、交通の妨害となるような方法で寝そべり、すわり、しやがみ、又は立ちどまつていること。

2017年08月20日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 00:00 | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水辺ダイナー@難波橋、実施しました(2017年7月)

7月の水辺ダイナー。19時集合で私たちメンバーが先に到着して寛いでいると通り雨が降ってきました。なかなかの勢いでしたが、テーブルセッティングをする前で濡れるのはテーブルと自分らだけだったので、避難するまでもないかとただただ濡れていたら止みました。

難波橋は東側の歩道を歩いていると中ほどに中之島公園(バラ園エリア)に降りるための階段があるのですが、そのあたりは盤が置かれていたりしてちょっとしたたまり場になっています。盤の裏側は人が通ることもなく、あまり使われないスペースに見えたので、そこを今夜のダイナーの会場に決めました。東はバラ園が、西は中央公会堂がそれぞれ抜け感をもって眺められるので、なかなか秀逸なロケ―ションです。

途中も残り雨が多少ぱらついたものの、気になる人は傘をさして雨をしのぎながら2時間半の橋上ダイナーのひとときでした。自動車も人もなかなかの交通量でした。食事は鶏肉をメインにワンプレート形式でした。

しょっぱなに雨に降られて濡れた服は、解散するころには乾いてました。

DSC06078 - コピー.JPG

DSC06090 - コピー.JPG

DSC06084.JPG

DSC06079 - コピー.JPG

道路交通法 第七十六条
3  何人も、交通の妨害となるような方法で物件をみだりに道路に置いてはならない。
4  何人も、次の各号に掲げる行為は、してはならない。
 一  道路において、酒に酔つて交通の妨害となるような程度にふらつくこと。
 二  道路において、交通の妨害となるような方法で寝そべり、すわり、しやがみ、又は立ちどまつていること。


2017年07月18日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 19:00 | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幕末忍者キッズクルーズ、実施しました。

キテ・ミテ中之島2017プログラムの大阪水上バスさんイベント「幕末忍者キッズクルーズ」が全クルーズ満席にて無事に催行されました。今年は劇団「虹色結社」の二人とフリーの女優さん、さらにはみずのみやこちゃんが出演する物語仕立ての豪華な内容となりました。

スタート直後にクルーズのナビゲーターだったハズのみやこちゃんがさらわれ、船で手掛かりを探しながら陸上から襲い掛かる敵忍者と戦い、着岸ポイントでは悪に心を奪われたみやこちゃんと戦うことになる見習い忍者ご一行。無事にみやこちゃんを改心させたあと、ラスボスの待つ地下通路にたどり着き、手裏剣で悪を退治したのでした…。

川沿いのビルの方々にご協力をいただき、まちと川が一体となったクルーズイベントとなりました。それにしても、クルーズ中に出会いすれ違うまちの方のノリの良いこと!優しいこと!

忍者クルーズ (3).JPG

忍者クルーズ (4).JPG

忍者.JPG

忍者クルーズ (5).JPG

忍者クルーズ (2).JPG

2017年07月03日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 00:00 | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする