ひとりひとりの水辺の実現に向けて

【実施報告】PUBLCSHIP SCHOOL 2019 流しのこたつ

PUBLCSHIP SCHOOL 2019 第三弾「流しのこたつ」、無事に冬の晴れ間に実施されました。

北浜のフォーグローブさん事務所に集合して、そこから2人1組でまちに出発しました。中之島、梅田、天満宮、天満橋、北新地、淀屋橋…参加くださったみなさんのフィーリングで場所を選んでこたつを流していただきました。
その前後でお話いただいた「流しのこたつ」の奥井さんと大島さんのお話も、実践に基づいて腹落ちのいい語り口でぐいぐい引き込まれました。

DSC06432.jpg

79384712_2566356406773605_4554914784226574336_o.jpg

78431740_2566318340110745_3002758404256038912_o.jpg

78823892_2566334930109086_8776467383897292800_o.jpg

73497855_3068356096512071_1418862782903746560_n.jpg

79440118_2633215186908098_1219594515325648896_n.jpg

77281427_2437304886368343_310609934607712256_n.jpg


DSC06463.jpg

DSC06497.jpg



PUBLICSHIP SCHOOL 2019 第三回「流しのこたつ」
〜マイこたつを持って まちなかのすき間に 「私のリビング」を作ろう〜

【日程】12月1日(日) ※雨天の場合は14日(土)
【時間】受付:11時30分
    開始:12時00分頃 
    終了;17時00分頃
【集合】フォーグローブ株式会社セミナールーム
    大阪市中央区道修町1-5-7 ピカソ北浜ビル8階
【会費】8,000円 ※モバイルこたつ付
   ※ご家族など数人でのご参加の
    場合は別途相談ください
【申込】publicshipschool@gmail.com
    名前、メール、電話
    を添えてお送りください。
【持物】こたつ布団(または布)
    ※1.6m角程度の大きさ
    こたつ敷物(レジャーシートなど)
    ※1.7m角以上が目安
    こたつを温めるもの(湯たんぽ、豆炭など)
    ※1.5〜2LペットボトルでもOK
     (お湯を沸かすことができます)
    こたつの上に置きたいもの、楽しみたいもの

こちらは、実行委員会メンバーが当日に向けて行ったデモンストレーションです
78836757_2515504625151389_6565322317591740416_o.jpg

77065873_10222010841647072_2269932568608505856_o.jpg

75402236_2491783717523480_2598975416223924224_o.jpg

75226545_2499376133430905_8524715152832987136_o.jpg




2019年12月27日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 23:49 | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/1(日)PUBLICSHIP SCHOOL 2019 第三回「流しのこたつ」を実施します。

第3回のPUBLICSHIP SCHOOL 2019では、「流しのこたつ」の奥井希さん、大島亮さんを講師にお招きします。
final_publicship-school-2019-flyer_kotatsu-01.jpg
チラシ(pdf)はこちら

誰にとってもなじみがあるこたつは、家族や親しいお客さんと一つの布団の下に足を潜り込ませて暖を共にする家具です。そんな、プライベート性の高い室内用の家具をパブリックな屋外に持ち出します。

今回のテーマは3つ。
・まちなかならではな「こたつの団らん」を楽しんでみる
・予想を超えたおもしろさや発見を体験する
・まちの寛容性について考えてみる

当日は、1人1人に持ち運びできるマイこたつをお渡しして、ココと思う場所でこたつを広げていただきます。知らない人の飛び入り参加もあるかもしれませんが、心配はご無用です。「まちの隙間が、開かれた実家のような空間になり、初めて同士でも前から知っていたかのような雰囲気で、会話ができます。

まず、まちなかでの「こたつの団らん」の楽しさをぜひ体感してみてください。そのうえで、「こたつの団らん」を通じて、知らない人を受け入れる、知らない人に受け入れてもらうことが、まちや社会に果たす意味について一緒に考えてみたいと思います。

マイこたつをどう使って、どう楽しむのかはあなた次第!ご参加、お待ちしています。


PUBLICSHIP SCHOOL 2019 第三回「流しのこたつ」
〜マイこたつを持って まちなかのすき間に 「私のリビング」を作ろう〜

【日程】12月1日(日) ※雨天の場合は14日(土)
【時間】受付:11時30分
    開始:12時00分頃 
    終了;17時00分頃
【集合】フォーグローブ株式会社セミナールーム
    大阪市中央区道修町1-5-7 ピカソ北浜ビル8階
【会費】8,000円 ※モバイルこたつ付
   ※ご家族など数人でのご参加の
    場合は別途相談ください
【申込】publicshipschool@gmail.com
    名前、メール、電話
    を添えてお送りください。
【持物】こたつ布団(または布)
    ※1.6m角程度の大きさ
    こたつ敷物(レジャーシートなど)
    ※1.7m角以上が目安
    こたつを温めるもの(湯たんぽ、豆炭など)
    ※1.5〜2LペットボトルでもOK
     (お湯を沸かすことができます)
    こたつの上に置きたいもの、楽しみたいもの

2019年10月28日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 01:42 | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

流しのこたつミーティング

9月11日に、PUBLICSHIP SCHOOL 2019の第三回の企画ミーティングを行いました。第三回のテーマは「流しのこたつ」。雨がしのべるスキマ的なこたつスペースを発見し、川や日本銀行を背にこたつを囲みました。途中、駅前ビルでいっぱい飲んできたと話す飛び入りの男性も参加。PUBLICSHIP SCHOOLの企画趣旨について1から話すも、興味を持っていただいたようで一緒にミーティングに参加くださいました。

69471723_1598099527014382_1238922168805359616_n.jpg

実施日は12月1日に決定。こたつをたよりに都市を見る新たな目線を養い、社会との「親しみある接点」をつくることを目指します。流しのこたつのメンバーによる、この日のためのオリジナルモバイルこたつ(軽量版)も開発が進んでいます。

詳細は追ってご案内しますので、ご参加お待ちしています!

2019年10月01日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 13:58 | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。