ひとりひとりの水辺の実現に向けて

水辺ダイナー@八軒家浜、実施しました(2017年11月)

だんだんと夜の気温も下がってきた11月。今シーズン最後のつもりで、温もる水辺ダイナーとして洋風おでんを楽しみました。場所も、こだわってチャレンジしてみるよりも気軽さを重視して、事務所の目の前の八軒家浜、いわばホームタウン。

スタンディングでおでんをフォークナイフでいただきながら、久しぶりの仲間も合流して、「水辺のサイドテーブル」プロジェクトの再燃の話題に花を咲かせていました。
23432897_10215478051931412_1140551235_o.jpg

すると、警官2人が近づいてきて、「何をやっている?」という質問が。聞くと、「火を焚いて鍋をしている」という通報があったということ。その後の顛末はここでは伏せますが、この日は最終的にはおでんのたねも無くなったので、火を消して22時半頃まで同じミーティングをしていました。
23432403_10215478052051415_128178950_o.jpg

公共空間は誰のもの?

河川法 第24条
河川区域内の土地を占用しようとする者は、国土交通省令で定めるところにより、河川管理者の許可を受けなければならない。

2017年11月13日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 23:11 | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水辺ダイナー@OBP西の剣先、実施しました(2017年9月)

9月の水辺ダイナーは中之島を離れて実施しました。
中之島以外の剣先の景色はどういうもんかいなと言う興味があり、OBPの西向きの剣先に集合しました。クリスタルタワーの裏で、寝屋川と第二寝屋川が合流して大川に流れ込んでいく始まりの場所です。

外灯が良い間隔で並んでいたので、その下にテーブルを広げて6人(+1人)で実施しました。水際かぶりつきで大阪城も見えて、開放感抜群の良い場所!なのに人がほとんどいない…。結局、ランニングしてるカップル1組が走り去っていっただけでした。

まぁ確かにOBP駅を除くと駅から距離はありますけど、ここはいつまでこのままなんでしょうか。いや、今のまま「このまま」ならいいんですけど。

DSC06359 - コピー.JPG
DSC06358 - コピー.JPG

大阪市公園条例 第3条
第3条 都市公園においては、何人も、みだりに次の各号に掲げる行為をしてはならない。
(1) 都市公園を損傷し、又は汚損すること
(2) 竹木を伐採し、又は市長が指定した場所以外の場所で植物を採取すること
(3) 土石、竹木等の物件を堆たい積すること
(4) 土石の採取その他の土地の形質の変更をすること
(5) 市長が指定した場所以外の場所で動物を捕獲し、又は殺傷すること
(6) 市長が指定した場所以外の場所でたき火をすること
(7) 市長が指定した立入禁止区域内に立ち入ること
(8) 市長が指定した場所以外の場所に車両を乗り入れること
(9) 他人に危害を及ぼすおそれのある行為をすること
(10) 前各号に掲げるもののほか、公衆の都市公園の利用に著しい支障を及ぼすおそれのある行為で市長が定めるもの

2017年09月21日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 00:00 | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水辺ダイナー@公会堂前、実施しました(2017年8月)

公会堂ダイナー (2).jpg

「公会堂の目の前」という程度は決めていたのですが、実際にどこにするか…。僕ららしい場所…、ということで正面の水上劇場前の広場も迷ったんですが少し攻めてみて歩道脇のくぼみのうちの1つですることに。

中之島_中央公会堂周辺のスキマ (12).JPG

近くにある同じような形状の歩道(堂島川右岸の地裁前)を見ていると、このくぼみにはベンチが整備されているんです。そういう意味では、本質的に道路上の休憩(滞留)スペースとして設けられたんだろうなぁと考えてもそんなに違和感はなさそうです。

片側には堂島川と橋(水晶橋と鉾流橋)、片側には公会堂というぜいたくなロケーション。街灯の明かりは充分とは言えず蚊も茂みから出てくるので手ぶらでOKな条件ではありませんでしたが、淀屋橋から歩いてすぐの立地で公会堂の目の前で水辺ダイナーができるというのは、都心の醍醐味を感じるには充分でした。

公会堂ダイナー (3).jpg

公会堂ダイナー.JPG


河川法 特に無し
道路交通法 第七十六条
3  何人も、交通の妨害となるような方法で物件をみだりに道路に置いてはならない。
4  何人も、次の各号に掲げる行為は、してはならない。
 一  道路において、酒に酔つて交通の妨害となるような程度にふらつくこと。
 二  道路において、交通の妨害となるような方法で寝そべり、すわり、しやがみ、又は立ちどまつていること。

2017年08月20日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 00:00 | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする