ひとりひとりの水辺の実現に向けて

流しのこたつミーティング

9月11日に、PUBLICSHIP SCHOOL 2019の第三回の企画ミーティングを行いました。第三回のテーマは「流しのこたつ」。雨がしのべるスキマ的なこたつスペースを発見し、川や日本銀行を背にこたつを囲みました。途中、駅前ビルでいっぱい飲んできたと話す飛び入りの男性も参加。PUBLICSHIP SCHOOLの企画趣旨について1から話すも、興味を持っていただいたようで一緒にミーティングに参加くださいました。

69471723_1598099527014382_1238922168805359616_n.jpg

実施日は12月1日に決定。こたつをたよりに都市を見る新たな目線を養い、社会との「親しみある接点」をつくることを目指します。流しのこたつのメンバーによる、この日のためのオリジナルモバイルこたつ(軽量版)も開発が進んでいます。

詳細は追ってご案内しますので、ご参加お待ちしています!

2019年10月01日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 13:58 | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PUBLICSHIP SCHOOL 2019 第二回のテーマーは「0円ショップ」

「PUBLICSHIP SCHOOL 2019」第2回目のプログラムは、国立駅前を中心に全国に広がりを見せている路上の不用品放出市「0円ショップ」を題材に実施します。

publicship-school-2019-flyer_0en-v3-resize.jpg

publicship-school-2019-flyer_0en-v3-resize_2.jpg

PDF版のダウンロードはこちら


今回は、「くにたち0円ショップ」より鶴見済さんを講師にお招きします。

 参考ウェブサイトその1
 参考ウェブサイトその2
 参考ウェブサイトその3※有料
 参考ウェブサイトその4※有料

9月29日(日)の実施当日は、0円ショップの実践を通じて自らまちを彩る登場人物になり、見知らぬ人との束の間の関係を持つことを体験し、無関係だった社会が実際は自分の日常のすぐ傍にあることを肌感覚として感じていただければと思います。加えて、0円ショップにまつわる考え方に触れてそのノウハウを身に付けながら、「フリーマーケットと何が違うのか」「公共空間で自由使用として定期継続的に取り組む意味が何なのか」鶴見さんと一緒に考えてみたいと思います。

大阪市内の各地に0円ショップをゲリラ的に出現させる取り組みでもあります。参加申し込み、お待ちしています。


《概要》
期間  9月1日(日)〜29日(日) ※1日〜28日は準備期間、実施当日は9月29日
場所  丼池繊維会館に集合
内容  9月1日(日)〜28日(土)
     ウェブグループ参加、ヒントブックなど資料共有
     当日までの準備(不用品の収集、場所の検討など)
    9月29日(日)実施当日 11時30分〜17時30分(予定)
     鶴見さんのレクチャー、0円ショップの実施(グループになって)、
     フィードバック、等
参加費 5,000円
申込先 publicshipschool@gmail.com
    ※名前、メールアドレス、電話番号を添えてください。
締切  8月31日(土)
運営者 PUBLICSHIP SCHOOL 2019実行委員会


《PUBLICSHIP SCHOOL 2019について》
私たちは、「公共空間の自由使用」の重要性を見出し、その可能性を広げることによって、「自分でしたいことを見出し、実施・継続できる」生活文化の醸成を目指しています。PUBLICSHIP SCHOOL 2019 は、そのための個々の知性と身体性を高めるための鍛錬を「ツールの製作」「講義」「ディスカッション」「体験」「フィードバック」を組み合わせながら行う体験型のトレーニングプログラムです。

2019年07月22日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 21:33 | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PUBLICSHIP SCHOOL 2019、第一回目のプログラムを実施します!

去年ミリメーターさんを迎えて実施した「PUBLICSHIP SCHOOL 2018」。2019年度は全3回のプログラムで企画を進めていますが、その第1回として「CLAMPING WEEK」を行います。

56222397_342169146433316_2169212299867324416_n.png
PDF版のダウンロードはこちら

publicship-school-2019-flyer-ura.jpg
PDF版のダウンロードはこちら

”CLAMPING”…
ものを固定するための道具「クランプ」を用いて、柵や手摺りなど人を寄り付かせないための「まちの境界線」を、束の間の「止まり木」に変えて自分の居心地をつくる行為。ベーシックな使用方法としては2 本のクランプに板を渡してカウンターテーブルとして使用します。

29683406_1607855249249669_1557095174028558627_n.jpg30849286_1647173095366089_1888611420_o.jpgクランピング (9)_かき氷カウンター - コピー.jpgクランピング  (6).jpg

参加者それぞれが“myクランピング”を製作し、私たちを含めて色んな場所で試してみる7日間。どんな場所で、どんな過ごし方をしたか、その記録を参加者間で共有しながら、まちのスキマの可能性をリアルタイムで掘り下げていきましょう。 まちに散らばる小さなスキマを自分の居心地に変えるフィールドリサーチ。

全国どこからでもご参加いただけます。ご一緒いただける方はぜひご参加ください。申し込み、お待ちしています!


《概要》
期間  5月22日(水)〜28日(火) ※コア期間
場所  参加者個々が暮らすまち
内容  申し込み後、非公開で立ち上げたウェブ上のミーテイングルームに参加します
    レシピ(公開予定)を参考にmyクランピングを製作します 4/24(水)〜5/21(火)
    クランピングを7日間毎日行い、その都度参加者間でシェアします 5/22(水)〜28(火)
参加費 1,000円(ウェブグループへの参加およびレポート冊子の配布を含みます)
申込先  publicshipschool@gmail.com
運営者 PUBLICSHIP SCHOOL 2019実行委員会


《PUBLICSHIP SCHOOL 2019について》
私たちは、「公共空間の自由使用」の重要性を見出し、その可能性を広げることによって、「自分でしたいことを見出し、実施・継続できる」生活文化の醸成を目指しています。PUBLICSHIP SCHOOL 2019 は、そのための個々の知性と身体性を高めるための鍛錬を「ツールの製作」「講義」「ディスカッション」「体験」「フィードバック」を組み合わせながら行う体験型のトレーニングプログラムです。

2019年03月24日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 15:03 | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする