ひとりひとりの水辺の実現に向けて

水辺ダイナー@トコトコダンダン、実施しました(2018年7月)

PUBLICSHIP SCHOOL 2018の打ち上げをどうしようかと考えて、時期も時期だし、趣旨も趣旨だし、「自然と外で気軽な感じで」ということに。enocoから歩いてすぐのトコトコダンダンへ。

陸側がマンションに隣接していて、「夜の飲み会とかどうかな…」と少し気になりましたが、マンションから距離を取れるような幅広の広場形状であることもわかったので、なるべくマンションから離れた場所に位置取りをしました。と、それ以前に、マンションよりのスペースでご近所さんの飼い犬サミットのようなたむろがあったので、結果的にそんなに心配しなくてよかったのかも…。

10人超の人数というのもあったし、いろいろフォーメーションが変わってお話をすることになっていいか、と思ったのもあったし、スタンディングにして、参加者の奥井さんが持ってきたこたつも近くにセットして、近所のスーパーから食べ物と飲み物をテイクアウトして行いました。途中、小さな男の子が飛び入り参加したり(かなり飛び入りに慣れている様子)、カップルや犬の飼い主がこたつに食いついてきたり、「別に開いていないけど閉じていない」ちょうどいい感じの雰囲気でした。
11_諛・ヲェ莨夲シ域ーエ霎コ繧ソ繧吶う繝翫・・・DSC00580.jpg


対岸の船溜まりもいい景色。
11_諛・ヲェ莨夲シ域ーエ霎コ繧ソ繧吶う繝翫・・・DSC00551.jpg

2018年08月13日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 13:33 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水辺ダイナー@天神橋バルコニー、実施しました。

ゲストの取材を兼ねて、私たちにとっては身近な天神橋バルコニーでの水辺ダイナーを1年ぶりに。メンバーの知人が通りがかって合流するなど、余裕を見て用意しておいたイスも足りなくなるような、にぎやかで華やかなディナータイムになりました。


36834683_10217615106156432_8087906026663182336_n.jpg

36817660_10217615106716446_7572245578726244352_n.jpg

2018年08月07日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 00:04 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PUBLICSHIP SCHOOLに向けたフィールドリサーチ

7月22日(日)に予定しています「PUBLICSHIP SCHOOL 2018」(概要・申込はこちら)。当日は、座学や室内のワークだけでなく、実際にまちなかでのワーク(実践)があるので、舞台となる大阪市西区阿波座周辺のエリアのフィールドリサーチをしてきました。(ワークと言っても、体験は新鮮ながら、要求される振舞いのハードルは高くないので、ご安心を。)

拠点となるのは、大阪府江之子島文化芸術創造センターです。
[ここに地図が表示されます]


まず東へ。新なにわ筋を越えると、商住混在に。なにわ筋あたりまで来ると、靱公園の香りも漂ってきます。

DSC_1031.JPG

DSC_1034.JPG

南に下ると本町通。少しにぎやかになります。

DSC_1035.JPG

DSC_1036.JPG

もう一度、新なにわ筋に戻ります。土木ファンが唸るジャンクション。

DSC_1037.JPG

新なにわ筋も都会の装いですね。

DSC_1039.JPG

本町通の南側エリアは集合住宅が目立ちます。事務所もチラホラ。お店はあまりありません。

DSC_1040.JPG

DSC_1041.JPG

日生病院跡地です。この春に移転しました。

DSC_1042.JPG

西向きに歩くと、木津川に出ます。トコトコダンダン(木津川遊歩空間)です。

DSC_1046.JPG

DSC_1045.JPG

さらに西向きに木津川をわたると、松島公園。子供たちや親子連れがいます。

DSC_1047.JPG

DSC_1048.JPG

この界隈も住宅が多いですが、靱公園近辺に比べて子どもの気配・下町感が強いですね。

DSC_1049.JPG


DSC_1050.JPG


川口一丁目の交差点を北向きに渡って、さらに北上します。

DSC_1051.JPG

安治川が近いこともあって、倉庫をよく見かけます。道路の幅員も広い。

DSC_1052.JPG

DSC_1054.JPG


安治川に沿って東へ進むと、中之島にたどり着きます。ザ・都会!

DSC_1057.JPG

DSC_1058.JPG

以上、グルっと回ってみました。

かつて大阪港があり水都の玄関口として栄えた阿波座周辺(川口)。梅田や難波はもちろん、天王寺、京橋、福島…といったお店が密集しているわけではなく、静かなエリアですが、東西南北それぞれにまちの様相が異なります。

当日、どこで何をして、何を感じるのか、その場所ならではの一期一会も楽しんでみてください。
ご参加お待ちしています!

2018年06月05日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 19:48 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする