ひとりひとりの水辺の実現に向けて

【3月4日(木)19時】トークイベント”みんなの占用許可”

市民主体で占用許可を受けてイベント等の企画を実現した実体験者3組によるトークイベントを実施します。

PUBLICSHIP_UPDATING_vol1チラシ完成版-01.pngPUBLICSHIP_UPDATING_vol1チラシ完成版-02.png
※チラシ→PDFファイルはこちら

 公共空間を使ってイベントや事業などに取り組む際に占用許可が必要になる事はよくありますが、許可を得ることは容易ではありません。占用主体は長らく行政組織や公益性の高い団体に限定されているからです。

 本企画では、然るべき手続きを経て占用許可を受け、水辺での企画の実現を果たした大阪の3組の市民主体から、そのプロセスや得られた知見・ノウハウについてお話を伺います。

 まちを使いたい・楽しくしたいという市民の純粋な発意・行動意思が叶うまちこそが、これから選ばれるまちとなります。そのためにはどんなコツ・ツボがあるのか、水都大阪コンソーシアムをコメンテーターに迎え、議論を深めたいと思います。

passmarket用組写真.jpg


<実施概要>
表 題 トークイベント”みんなの占用許可”PUBLICSHIP UPDATING vol.1
日 程 3月4日(木)
時 間 19時〜21時
場 所 オンライン開催
参加費 1500円(以下の申込サイトによる事前決済)
登壇者 伏見の港デザイン研究所 .port 林 亜衣子
    一般社団法人日本建築協会 U-35委員会 高畑 貴良志、平岡 翔太
    水辺のレストラン 末村 巧
ゲスト 水都大阪コンソーシアム 吉城 寿栄
案内人 水辺のまち再生プロジェクト事務局 笹尾 和宏
テーマ 占用許可によって実施した取り組み
    占用許可に至るプロセスやスケジュール
    実施して得られた、ならではな体験・知見
    経験を通じて見えてきた課題・ビジョン 他、
主 催 水辺のまち再生プロジェクト
申 込 https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01mst511g5ues.html#accept
    (3月3日までにYouTube LiveのURLをお伝えします。)
問合せ mizube@suito-osaka.net(担当:笹尾)


<登壇者等詳細>
伏見の港デザイン研究所 .port
林 亜衣子
TAcFUz4N.jpeg
かつて伏見と大阪との交易を支えた三十石船をモチーフに制作したカーゴバイク「伏見マール」入港式として、水運でつながった都市交流の起点である八軒家浜の河岸で小さなパーティを開催。
hcVOypMk.jpeg

(一社)日本建築協会 U-35委員会
高畑貴良志 2020年度リーダー/日建設計
平岡 翔太 2021年度リーダー/大建設計
高畑.jpg平岡.jpg
新型コロナウィルスが感染拡大するなか「街=外」の空間に着目。場の共有を感じられるインスタレーション「フープディスタンス」「水辺カーペット」「波打つ広場」「バルーンディスタンス」を中之島公園で実施。
3_3019.jpg

水辺のレストラン
末村 巧
143069049_252162299623152_3150457471076921423_n.jpg
コロナ禍の取り組みの一環として、「本格的なアウトドアレストラン」をコンセプトに、若手コックやギャルソンたちのユニットによるフレンチフルコースとペアリングワインを擁したレストランサービスを提供。
143144778_740556646581635_8788073227520248226_n.jpg

水都大阪コンソーシアム
吉城 寿栄
IMG_0409.jpg
行政や経済団体、大阪観光局や民間の舟運事業者団体で構成される公民一体型の組織。水辺や河川を活用した事業の展開やイベントを主催するほか、市民企画のサポートにも積極的に取り組む。

【案内人】
水辺のまち再生プロジェクト事務局
笹尾 和宏
profile (2017).JPG
河川水域でのイベントや「自由使用」の視点にたった生活目線の実践を行う。著書に「あたらしい「路上」のつくり方 実践者に聞く屋外公共空間の活用ノウハウ」(2018年共著)、「PUBLIC HACK 私的に自由にまちを使う」(2019年)

<PUBLICSHIP UPDATINGについて>
118357568_597623347594336_876542058903965120_n.jpg
PUBLICSHIPとは、公共空間を主体的に利用する所作であり心構えを指す造語です。PUBLICSHIPに新しい視点や発見をもたらす気づきを獲得していく活動がPUBLICSHIP UPDATINGです。



2021年01月29日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 09:00 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■春に向けて"Tripod+"動き始めています。

クランピングは欄干や柵といった境界を寄り付ける止まり木に変える取り組みですが、何よりもホームセンターで素材(クランプと板)を買えば用意が揃うというのがミソです。その思想を引き継ぐ形で三脚を使った企画を始めたいと思っています。どこにでもある(何なら家にある)三脚(Tripod)の役割を拡張(+)させようという企みです。手軽に持ち運べて自立できる"脚"に何をプラスさせるのか。公共の場所を私の場所に変えるために、どう「自分なりの演出」を果たすのか…。


以下は絶賛試行錯誤中の様子です。

132309529_114688837084538_8890274244547458872_n.jpg

132181358_217054043216805_6654616043788278964_n.jpg

132481388_151621443052740_3917640274973954242_n.jpg

132174319_185759506585507_6779020526838099076_n.jpg

132191010_3849783841722139_7006931281382055467_n.jpg

2020年12月22日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 01:11 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PUBLICSHIP EXPERIENCES 2019-2020 review完成しました。

"NO BORDER, BE WILD."がキーワードの私たちの取り組みと、その年に私たちが見つけた・見かけた・体験したたくさんの方の取り組みや生活の営みについて、"PUBLICSHIP EXPERIENCES 2019-2020 review"としてまとめました。

印刷用(8MB)ウェブ表示用(2MB)の2種類ご用意しています。ぜひご覧ください!

PS_2019-2020_Review.jpg

これまでのものはこちら。

2020年04月11日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 00:00 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。