ひとりひとりの水辺の実現に向けて

流しのこたつミーティング

9月11日に、PUBLICSHIP SCHOOL 2019の第三回の企画ミーティングを行いました。第三回のテーマは「流しのこたつ」。雨がしのべるスキマ的なこたつスペースを発見し、川や日本銀行を背にこたつを囲みました。途中、駅前ビルでいっぱい飲んできたと話す飛び入りの男性も参加。PUBLICSHIP SCHOOLの企画趣旨について1から話すも、興味を持っていただいたようで一緒にミーティングに参加くださいました。

69471723_1598099527014382_1238922168805359616_n.jpg

実施日は12月1日に決定。こたつをたよりに都市を見る新たな目線を養い、社会との「親しみある接点」をつくることを目指します。流しのこたつのメンバーによる、この日のためのオリジナルモバイルこたつ(軽量版)も開発が進んでいます。

詳細は追ってご案内しますので、ご参加お待ちしています!

2019年10月01日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 13:58 | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする