ひとりひとりの水辺の実現に向けて

|||||||||||||| 水辺通信 2019_7月号 ||||||||||||||||||||||

|||||||||||||| 水辺通信 2019_7月号 ||||||||||||||||||||||

目次

■鶴見済さん来阪!「0円ショップ」を学びます!
■今月の水辺不動産情報


こんにちは、水辺のまち再生プロジェクトの笹尾です。

ふいに気持ちのいい広場に出会うことがあります。三重県名張市で見つけた広場は開放的な広がりと適度な段差のある、市役所の前庭でした。「それにしても人の姿がない!」と回り込んでみると、裏手が駐車場になっていて市民はそこからアクセスしていたのでした。
岩手県のオガール紫波しかり、新潟県のアオーレ長岡しかり、公共施設を「大勢が集まる場所」と捉えて、そこに諸機能を複合させています。「公共施設に付随する広場は整然としていて当然」と思い込まず、もっと柔軟な視点でうまく使えば、敢えて広場を整備せずとも、まちのヘソづくりがうまく進んでいく兆しはあります。コンパクトシティはそういった小さな工夫から実現されていくのかもしれません。

それでは、今月の水辺通信です!


■鶴見済さん来阪!「0円ショップ」を学びます!

PUBLICSHIP SCHOOL 2019の第二回目は「くにたち0円ショップ」より鶴見済さんを講師にお招きします。エコや支え合いの価値だけに留まらず、今や全国各地に広がりを見せる路上の不用品放出市「0円ショップ」。その実践を通じて、自らがまちを彩る登場人物になり、「見知らぬ人との束の間の関係づくり」を体験し、無関係だった社会が実際は自分の日常のすぐ傍にあることを肌感覚として感じていただければと思います。加えて、0円ショップにまつわる考え方に触れてそのノウハウを身に付けながら、「フリーマーケットと何が違うのか」「公共空間で自由使用として定期継続的に取り組む意味が何なのか」鶴見さんと一緒に考えてみたいと思います。

大阪市内の各地に0円ショップをゲリラ的に出現させる取り組みでもあります。参加申し込み、お待ちしています!!

日 程:9月1日〜29日(日)
    ※鶴見さん来阪は9月29日(予備日10月5日)
参加費:5,000円 (事前振込)
申込先:publicshipschool@gmail.com
    ※名前、メール、電話を添えてお送りください。
詳 細:http://mizube-life.seesaa.net/article/468196862.html


■今月の水辺不動産情報

 □白い箱のような部屋
  mizube-fudosan.com/syosai.php?id=10297

 □船で通勤できるかもしれないオフィス
  mizube-fudosan.com/syosai.php?id=10534

 □道頓堀に浮かぶ船のようなビル
  mizube-fudosan.com/syosai.php?id=10446

 □河内長野の古民家店舗でパン屋さんを
  mizube-fudosan.com/syosai.php?id=10511
 
 □京都モダニズムの継承者を求む!
  minfudo.com/syosai2.php?id=10482


・次回「水辺通信」は、2019年8月配信予定
・通信の送信希望や停止、水辺情報の提供は以下アドレスまで
 mizube@suito-osaka.net


|||||||||||| 水辺のまち再生プロジェクト |||||||||||||
        http://www.suito-osaka.net

2019年07月22日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 23:54 | 水辺通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする