ひとりひとりの水辺の実現に向けて

|||||||||||||| 水辺通信 2019_4月号 ||||||||||||||||||||||

|||||||||||||| 水辺通信 2019_4月号 ||||||||||||||||||||||

目次

■「PUBLICSHIP SCHOOL 2019 公共空間の自由使用のススメ」実施します!
■産経新聞さんに取り上げていただきました!
■今月の水辺不動産情報

こんにちは、水辺のまち再生プロジェクトの笹尾です。

「職務質問を断ったら80分間解放されなかった」と、いち市民が起こした裁判の判決が「請求棄却」となったニュースが、先日話題になりました。
私も、公共空間での行為に対して、ごくごくたまに、行政主体から指導を受けることがあります。大抵の場合は理解を示してもらえるのですが、中にはその振る舞いの正当性について意見を交わすことさえ取り合ってもらえず、頭ごなしに制止してきて二度と繰り返さないよう指導されることがあります。画一的にルールを適用し、何も起こらないよう予防保全措置が取られているわけです。そんなとき、管理者には「粘り強さ」が一切感じられません。
そんな状況について、当時は「頭の固い人がいるなぁ」と思っていたのですが、最近は「原因はもっと根深いのかも」と思い始めています。「まちづくり」の分野では、税収減による財政緊縮は「公共施設の老朽化や公共政策のサービス水準の低下を招くようになる」と言われていますが、もしかすると、組織の管理運営スペックにも反映されてきているのかもしれません。

それでは、今月の水辺通信です!

■「PUBLICSHIP SCHOOL 2019 公共空間の自由使用のススメ」実施します!

去年ミリメーターさんを迎えて実施した「PUBLICSHIP SCHOOL 2018」。今年度は全3回のプログラムで企画を進めています。

56222397_342169146433316_2169212299867324416_n.png

第1回は「CLAMPING WEEK」。参加者それぞれが“myクランピング”を製作し、色んな場所で試してみる7日間。どんな場所で、どんな過ごし方をしたか、その記録を参加者間で共有しながら、まちのスキマの可能性をリアルタイムで掘り下げていきましょう。 まちに散らばる小さなスキマを自分の居心地に変えるフィールドリサーチ。
全国どこからでもご参加いただけます。ご一緒いただける方はぜひご参加ください。申し込み、お待ちしています!

クランピング開発者の中津壮人さんのコメントを抜粋します。
「買ってくるだけの暮らしよりも、安全安心なプライベートや優しいコミュニティに閉じるよりも、ちょっとめんどくさい行為で、多様な「みんな」の中で自分の時間を作ってみるという、なんというか旅にも似た遊びをやってみませんか。」

《概要》
期 間 5月22日(水)〜28日(火) ※コア期間
場 所 参加者個々が暮らすまち
内 容 コア期間まで
    ・非公開で立ち上げたウェブグループに参加
    ・レシピを参考にmyクランピングを製作
    コア期間
    ・参加者各自クランピングを行い、その都度参加者間でシェア
参加費 1,000円(ウェブグループへの参加およびレポート冊子の配布を含みます)
申込先 publicshipschool@gmail.com
運営者 PUBLICSHIP SCHOOL 2019実行委員会

第2回は9月に「0円ショップ(講師は鶴見済さん)」、第3回は12月に「流しのこたつ(講師は奥井希さんと大島亮さん)」を予定しています。そちらもお楽しみに。

「CLAMPING WEEK」のお申し込みはこちら

「CLAMPING WEEK」の概要について詳しくはこちら。



■産経新聞さんに取り上げていただきました!

先日、産経新聞さんの取材を請けさせていただく機会があり、その時の内容がウェブサイトにアップされました。私たちの活動。「やっていて楽しい」のは当然のこととして、公共空間に対する思い、まちの使い方について考えていることなどをしっかりとまとめていただきました。
クランピングの様子、「公共空間の自由使用」に対する思い、姿勢、周りとの関係づくりにを軸としたPUBLICSHIPについてしっかりと掘り下げられていますので、ぜひご一読ください。

新聞記事についてはこちら
https://www.sankei.com/west/news/190327/wst1903270002-n1.html


■今月の水辺不動産情報

 □北浜駅上、バラ園を眼下に見るサロン(居抜)
  mizube-fudosan.com/syosai.php?id=10525
 
 □河内長野の文化財店舗(石川)
  mizube-fudosan.com/syosai.php?id=10511

 □住宅遺産に住まう【売買】(琵琶湖疎水)
  mizube-fudosan.com/syosai.php?id=10482


・次回「水辺通信」は、2019年5月配信予定
・通信の送信希望や停止、水辺情報の提供は以下アドレスまで
 mizube@suito-osaka.net

|||||||||||| 水辺のまち再生プロジェクト |||||||||||||
        http://www.suito-osaka.net

2019年04月07日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 20:52 | 水辺通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする