ひとりひとりの水辺の実現に向けて

水辺ダイナー@トコトコダンダン、実施しました(2018年7月)

PUBLICSHIP SCHOOL 2018の打ち上げをどうしようかと考えて、時期も時期だし、趣旨も趣旨だし、「自然と外で気軽な感じで」ということに。enocoから歩いてすぐのトコトコダンダンへ。

陸側がマンションに隣接していて、「夜の飲み会とかどうかな…」と少し気になりましたが、マンションから距離を取れるような幅広の広場形状であることもわかったので、なるべくマンションから離れた場所に位置取りをしました。と、それ以前に、マンションよりのスペースでご近所さんの飼い犬サミットのようなたむろがあったので、結果的にそんなに心配しなくてよかったのかも…。

10人超の人数というのもあったし、いろいろフォーメーションが変わってお話をすることになっていいか、と思ったのもあったし、スタンディングにして、参加者の奥井さんが持ってきたこたつも近くにセットして、近所のスーパーから食べ物と飲み物をテイクアウトして行いました。途中、小さな男の子が飛び入り参加したり(かなり飛び入りに慣れている様子)、カップルや犬の飼い主がこたつに食いついてきたり、「別に開いていないけど閉じていない」ちょうどいい感じの雰囲気でした。
11_諛・ヲェ莨夲シ域ーエ霎コ繧ソ繧吶う繝翫・・・DSC00580.jpg


対岸の船溜まりもいい景色。
11_諛・ヲェ莨夲シ域ーエ霎コ繧ソ繧吶う繝翫・・・DSC00551.jpg

2018年08月13日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 13:33 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする