ひとりひとりの水辺の実現に向けて

水辺ダイナー@八軒家浜、実施しました(2017年11月)

だんだんと夜の気温も下がってきた11月。今シーズン最後のつもりで、温もる水辺ダイナーとして洋風おでんを楽しみました。場所も、こだわってチャレンジしてみるよりも気軽さを重視して、事務所の目の前の八軒家浜、いわばホームタウン。

スタンディングでおでんをフォークナイフでいただきながら、久しぶりの仲間も合流して、「水辺のサイドテーブル」プロジェクトの再燃の話題に花を咲かせていました。
23432897_10215478051931412_1140551235_o.jpg

すると、警官2人が近づいてきて、「何をやっている?」という質問が。聞くと、「火を焚いて鍋をしている」という通報があったということ。その後の顛末はここでは伏せますが、この日は最終的にはおでんのたねも無くなったので、火を消して22時半頃まで同じミーティングをしていました。
23432403_10215478052051415_128178950_o.jpg

公共空間は誰のもの?

河川法 第24条
河川区域内の土地を占用しようとする者は、国土交通省令で定めるところにより、河川管理者の許可を受けなければならない。

2017年11月13日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 23:11 | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする