ひとりひとりの水辺の実現に向けて

アクアスロンに出場しました。

5月10日(日)の朝、NPOメンバー4人が水都大阪アクアスロン大会に出場しました。

4人全員がケガも事故もなく、4人中3人が無事完走できました。

水辺不動産の紹介に始まり、川沿いの利活用、水上体験(大大阪タクシー)の実施、ゴムボート(非動力線)の活用と活動してきて、そして遂に昨日、大川を泳ぎました。あとは、潜水が残されているのみでしょうか・・・!

「河川・水辺との関わり方の多様化」という点で、貴重な機会になりました。
水質的には遊泳に問題ない数値とのことでしたが、透明度が増すと、より魅力的な川になることを実感しました。

DSC09524.JPG

2015年05月11日

posted by 水辺のまち再生プロジェクト at 12:44 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする